最近、インターネットや美容雑誌で「矯正」という言葉を見かけませんか?矯正というと「子どもがするもの」というイメージでしたが、今では大人の矯正をメインに治療を行う歯科医院も増えてきています。

それに伴い、矯正をする大人も増えています。(矯正のクチコミ情報サイト

ただ、以前よりも大人の矯正が一般的になってきたとは言え、歯並びが悪いにも関わらず、なかなか矯正に踏み切れない人も多いのが現実。

でも、なぜ歯並びを美しくする矯正なのに、躊躇う大人が多いのでしょうか?理由は主に3つあります。

1つは「費用が高いこと」、1つは「歯を抜くのが嫌なこと」、そしてもう1つは「矯正器具の見た目が悪いこと」です。

確かに、矯正を躊躇う理由を見てみるとわからないでもないですよね。

でも、歯は身体の中でもっとも大切なものの一つです。

日本では、出っ歯であっても、受け口であっても、乱杭歯であっても、それはその人の個性として受け入れられる風潮があります。

しかし、歯列が悪いと、虫歯のリスク、かみ合わせのリスク、発音のリスク、肩こり・頭痛のリスク、などなど、想像以上に身体に悪い影響を与えてしまいます。

さらに、矯正は早ければ早いほど効果があるため、矯正するのが遅れてしまうと治るはずの歯並びも治らなくなってしまいます。

矯正に踏み切れない理由はあると思いますが、まずは嫌な理由を一つ一つ解決することから始めましょう。

矯正についてよく知ることで、意外に抵抗がなくなるかもしれません。